忍者ブログ

激安プロペシア

AGA男性型脱毛症治療薬「プロペシア」の純正薬やジェネリックの激安個人輸入代行通販



AGA治療薬の飲むタイプとつけるタイプ

現在、AGAの内科治療では、飲むタイプの薬「プロペシア」が承認され、これと合わせてつける薬「ロゲイン」などが使われます。2005年に厚生労働省の薬事承認を受けて医師が処方できるようになったことで、「薄毛はお医者さんへ」というキャンペーンが行なわれているのは、「プロペシア」という名前の内服薬です。正確にいえば、「フィナステリド」という成分に発作作用があることを製薬会社が治験で証明し、それが正式に国に認められたということです。フィナステリドは現在、世界の60ヶ国以上で承認されており、日本では萬有製薬がつくっています。いきなり手術をするのに抵抗がある人は、この薬の服用からはじめるのもいいと思います。この内服薬とともに、現在薄毛治療の専門クリニックですすめられている外用薬に「リアップ」や「ロゲイン」があります。

【飲む育毛薬=プロペシア】
発毛作用のある「フィナステリド」という成分が1錠中に1mg含まれている。効果がある場合は、服用して3ヶ月目くらいから症状が改善しはじめ、6~12ヶ月後に明らかになる。飲むのをやめると頭髪はもとに戻ってしまうので、いったん飲み始めたら続けなくてはいけない。

【つける育毛剤=リアップ、ロゲイン】
1998年に大正製薬から発売された「リアップ」は発毛効果のある「ミノキシジル」が1%の濃度で入っている。とくに頭頂部に有効性が認められ、一般的な育毛剤と同様に患部に塗布して使う。米国で販売されている「ロゲイン」にはミノキシジルが男性用で5%、女性用で2%含まれている。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 激安プロペシア --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-