忍者ブログ

激安プロペシア

AGA男性型脱毛症治療薬「プロペシア」の純正薬やジェネリックの激安個人輸入代行通販

発毛・育毛に効く新常識


育毛剤の医薬品と医薬部外品との違いは?

薬事法の規制という意味からすれば、「医薬品」「医薬部外品」の区別のほうが厳格であろう。一般の人にはあまりなじみがないが、「医薬品」を強調したコマーシャルもあるので、その違いを説明しておこう。

薬事法では、人間の体に使用するものを、医薬品、医薬部外品、化粧品に分けている。

これらは、効果の高さのグレードを示すもので、「医薬品」は治療が主たるもので、用法を間違えるとなんらかの副作用があって危険というもの。「医薬部外品」は作用が比較的緩和で、ほとんど副作用なし。「化粧品」は、直接体に与える効能、効果はもたないという意味合いをもっている。

発毛・育毛剤の商品は、そのほとんどが医薬部外品に分類されるもので、医薬品となるとごくわずかである。店の棚に並んでいる発毛・育毛剤をみると、「薬用~」という商品名をよくみるが、これは医薬品という意味ではなく、化粧品と区別するために、慣例にしたがって使用されてきた名称で、そのほとんどが医薬部外品の商品名であることが大半だ。

医薬品であれば、薬局や薬店で売っている大衆薬と同じであり、あくまで薬。厚生労働省の認可のもとに製造、販売しなければならない。

それに対して、医薬部外品のほうはやや規制がゆるやか。薬事法によれば、
・使用目的が、原則的に定められたもの
・人体に対する作用が、緩和なものであること
・器具、機械でないこと
以上の条件を満たすことを前提にして、育毛剤のほかにも、口中清涼剤や腋臭防止剤、コールド液、生理用品などに適用されている。

育毛剤に関する「効能範囲」の取り決めは、以下のとおり。
<医薬部外品>
養毛、育毛、発毛促進、脱毛の予防、フケ、カユミなど
<医薬品>
医薬部外品の効能に加えて、脂漏性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症など
いずれにせよ、自分の体質やハゲ具合を考慮した、賢い発毛剤、養毛剤選びをすることが大切である。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

養毛剤、育毛剤、発毛促進剤の違いは?

ひと口に発毛・育毛剤といっても、メーカーによって「養毛剤」「育毛剤」「発毛促進剤」とさまざまな呼び方をしている。

いったい、どこがどう違うのだろうか?

そう疑問に思っていたという方も多いと思うが、結論をいえば、大した違いはない。ちょっと調子抜けの感じだが、用語を規制する薬事法の中には、養毛と育毛について明確な定義をもうけてないからだ。

ただし、用語の違いによって、受け取る側のニュアンスが微妙に異なることはたしかである。

一般的には、「養毛」には「毛髪を保護し、脱毛を防止する」という意味合いが強く、「育毛」は「毛髪の成長を促す」といった理解をされるが、語感的なものが強く、厳密な区別があるわけではない。

「発毛促進」という用語も同じで、読んで字のごとし。一般には、「毛髪が抜け落ちたあと、新しい毛髪が生えてくるように、毛母細胞のはたらきを活発にする」という意味合いを含んでいる。

つまり、強いていえば、養毛と育毛は、現存する毛髪に与える影響を表現し、発毛促進は新しい毛髪の誕生に影響を及ぼすというニュアンスが感じられる。

薬事法は、おもにその安全性に基準がおかれていて、その商品の効能の範囲内であれば、どのように称してもいいとなっている。

しかし、全体の傾向として、「養毛剤」⇒「育毛剤」⇒「発毛促進剤」という順序で混入される成分が強化され、したがって値段も高くなっているようである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

過労やストレスが若ハゲの引き金に

最近、若い女性のあいだにも若ハゲがふえたのは、ストレスが原因ではないかといった分析が多い。ストレスによって自律神経が緊張するために、血行や栄養の循環が悪くなり、薄毛になるというわけだ。もう少しそのメカニズムを紹介すると、以下のようになる。

髪を育てる毛球部、そこに栄養を送り込む血管を包むように取り巻いているのが自律神経である。これには交換神経と副交感神経の二つがあって、血管の場合は副交感神経がはたらくと広がり、交感神経がはたらくと収縮する。

ストレスの蓄積によって起こる自律神経失調症は、この二つの神経のどちらかが高ぶったり、どちらかが落ち込んだり、あるいは両方とも高ぶったり落ち込んだりして、アンバランスな状態になることをいう。

つまり、血管を思いっきり拡大したかと思うと、今度はギューっとしめつけられる。そうなると髪の毛にスムーズに栄養を送るということが不可能になり、脱毛がはじまるというわけである。

もちろん、過度のストレスは自律神経系だけでなく、内分泌系や免疫系のはたらきにも影響を及ぼす。ホルモンの分泌が乱れて、消化器のはたらきが悪くなったり、免疫系が狂って感染症にかかったり、アレルギーを起こしたりする。

そうなれば、髪への影響も避けられず、消化器の機能低下は栄養の吸収を悪くして、毛球部への栄養供給の障害になるし、免疫の異常は頭皮や毛根に炎症を生じやすくする。いずれも、脱毛の引き金になるというわけだ。こうした状態は、慢性的な疲労状態や睡眠不足のときにも起こり得ることを肝に銘じておこう。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

意外に知られていない、血行不良の実態

ハゲている人の頭皮の温度は、正常な人の頭皮の温度は、正常な人の頭皮より約1度低いということをご存じだろうか。

また、頭の皮膚の温度を一定温度まで下げ、もとの温度にもどるまでの時間を測ると、ハゲている人のほうが一分以上遅れるという実験データもある。

これが何を意味するかといえば、「ハゲるのは頭皮の血行が良くない」ことの傍証になっている。

毛根には細い血管が何本もからみつき、毛乳頭にはきわめて細い毛細血管が入り込み、それらの血管をとおして各種の必要な栄養が髪に運び込まれている。血行障害が起これば、これらの栄養分の供給がスムーズにいかなくなるので、毛母細胞の分裂も、毛の成長も思うにまかせなくなる。

そして、ますますハゲが進行するというわけだ。

血行障害の原因には、頭皮の炎症をはじめ、ストレスなど自律神経が緊張して血管が収縮するという心因性のものやコレステロールによるもの、皮膚や血管の老化などがあげられている。

遺伝による障害もある。若ハゲになりやすいタイプとして、頭が大きく左右に突き出している人です。

頭蓋骨が角張って大きいタイプの人は、どうしても頭皮が突っ張ってくる。

頭皮を指でつまもうとしても、なかなかつかめないし、左右に動かそうとしても、柔軟さに欠けている。

男性の頭長(前頭部から後頭部までのもっとも長い径、つまり最長径)は、成年女性と異なり、30歳を過ぎても伸び、頭蓋骨が発達しつづけ、40歳でピークになる。

しかし、皮膚の発育は22歳~23歳で止まってしまうので、頭蓋骨だけが発育すると、皮膚は常に引っ張られた状態となる。

頭皮が突っ張れば、どうしても頭皮の毛細血管が圧迫され、毛根への血行は悪くなる。したがって、毛髪への栄養補給が困難になり、脱毛を引きおこすのである。

この頭皮の突っ張りと若ハゲの関連性では、動物実験例が報告されている。

アカゲザルを使ったアメリカでの動物実験であるが、まず、サルの頭頂部をつまんで頭皮を硬く縫いよせる。すると、2~3ヶ月後には両側即頭部の毛が薄くなり、やがてハゲになったという。

その後、頭頂部を縫いよせた糸をとくと、圧迫されていた頭皮の血管が解放されて、血流が回復し、なんと再び毛が生えてきたのである。

発毛・育毛剤の中には、頭皮の毛細血管の血行促進を目的とした各種成分が含まれているものも数多い。

あるいは、ブラシによるパッティング、温かい蒸しタオルによるスチーマー、頭皮のマッサージ、赤外線ランプによる頭皮の刺激など、いずれも血行を良くするために行うものである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

シャンプーとフケ・抜け毛の相関関係

男性ホルモンが毛乳頭の細胞分裂を抑制するのだが、もう一つ違ったかたちで髪の毛に悪影響を与えている。

それは、フケづくりを助けてしまうことである。

一般に頭皮の細胞は、他の皮膚と同じく、約4週間細胞分裂をくり返し、古くなるにつれて頭皮の表面に押し上げられる。そして最後に角化して死んだ細胞(角質細胞)となる。いい換えると、フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、頭皮のアカなのである。

フケは4週間の周期でつくられているが、健康な人ではアカと同じであまり目立たない。ところが、そこに男性ホルモンが関与するとどうなるか?

そう、頭皮の新陳代謝が活発になり、角質細胞を盛んにつくりだしていく。すると、大量のフケができて目立つようになる。

「抜け毛が多くなる前に、カユミが強かったり、フケが急に多くなったりした時期がある」

とは、若ハゲの人に共通する体験である。フケを放っておくと、脱毛の原因になる。

というのも、放置されたフケが毛穴の凹みの部分にたまり、そこんじ皮脂やホコリなども入り込んで、毛穴をふさいでしまう。そこにさらに汗が加わり、適度な湿気と温度によって、頭皮についた悪玉の細菌が繁殖しやすくなる。その刺激がカユミを生じさせるのだ。

「フケが多くなると、かゆくなる」のはそのため。

カユミがあると、思わず引っ掻いて目に見えない傷をつくってしまい、そこにまた細菌が侵入して、その刺激でカユミがさらに強くなるという悪循環をくり返すことになる。

そのため、頭皮は炎症を引き起こし、それが毛乳頭や毛母の活動をさまたげてしまう。そして結果として抜け毛が多くなるというわけである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

解明されたハゲの進行メカニズム

1942年にアメリカのハミルトンの研究成果によって、男性ホルモンがハゲの主犯として知られるようになった。

●去勢された男性はハゲになることはなく、ハゲ進行中の男性を去勢すると、それ以上ハゲが進行しない。
●ハゲの進行中に去勢され、進行が止まった男性に男性ホルモンの一つ、テストステロンを投与すると、再び、ハゲが進行する。
●ハゲでない男性は去勢されたあと、テストステロンを投与してもハゲにならない。

というのである。

注目されるのは3番目の点であり、この研究結果から単純にテストステロンの量の多少だけでハゲが決まるのではなく、「別の要因」がなければハゲないことがわかった。

ホルモンは体内でつくられると血中に分泌される。そして血液中に含まれて全身をめぐり、それぞれのホルモンと結びつく受容体(受け皿)をもつ細胞内に入り、細胞を活性化する。

睾丸でつくられたテストステロンも、血液で運ばれ、毛乳頭細胞、毛母細胞の中に入ると、細胞内に存在する5α-リダクターゼという酵素の仲介で、より作用の強い5α-ジヒドロテストステロン(5α-DHT)に代謝され、それが毛の発育を抑制するのである。

5α-DHTの作用の強さは、テストステロンの約6~10倍といわれ、これがなぜか毛乳頭、毛母細胞の活性を抑制する。

その結果、毛乳頭細胞は萎縮し、毛母細胞は分裂をやめ、そのために髪の成長は止まり、退行期、休止期に入って抜け落ちてしまうのだ。

正常なヘア・サイクルの場合でも、成長期から退行期、休止期への移行に5α-DHTがかかわっているが、5α-DHTが過剰につくられると成長期が短縮されて抜け毛となり、発毛しても細く弱々しい、うぶ毛になることが多いという。

つまり、前途の「別の要因」とは、「5α-DHT」と仲介役である「5α-リダクターゼ」のことであり、この両者の量の多少がハゲになるか否かの決め手になっているのである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ハゲの診断の一つとして

「耳の中央と頭のてっぺんを線で結び、その線と、こめかみの上の部分、もっともハゲが進行した部位との距離を測り、ハゲの進行をジャッジする」という方法がある。この方法は、欧米を中心として用いられている手法で、アメリカのハミルトンという皮膚科医師は、この距離が3センチ以下になったら、ハゲが進行していると決めた。同じく、アメリカの医師ノーウッドは1センチだけ後退させて2センチ以下をその基準とした。

いずれも、おもに白人男性の臨床例をベースにして割り出したものであり、どちらが正しいかの判断はつけがたい。ただし、ノウハウ自体が白人男性向きであるから、そのままの基準を骨格の違う日本人に当てはめようとするとかなり無理がある。たとえば、日本人のハゲ・パターンの特徴として、額の生えぎわより先に、頭頂部から薄くなるというケースがかなり見受けられるため、いわゆる「テッペンハゲ」のようなタイプは、この手法では見逃してしまう。

であるから、ハミルトン説もノーウッド説もあくまで「参考」程度にとどめ、私は「単純にオデコの広さを測る」という手っ取り早く、簡単な見分け法を提唱している。

それは、
・片手で額の垂れた髪をかき上げる
・まゆげの上端と髪の毛の生え際のあいだに自分の手の指をあててみる
・その数が3本までなら安心だが、3本あててまだすき間があるようなら要注意
・指4本が入るようなら、ハゲが進行している兆候
というもの。

つまり、小指をまゆげの上端にあて、中指が生え際に触れればまだ大丈夫。しかし、人指し指になると危険信号。4本入れてもまだすき間があるようなら、確実にハゲは進行中というわけだ。この方法であれば、一人で自分のハゲの進行状態が分かるだろう。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

こうなったらSOS、ハゲはじめの重大サイン

ガンをはじめ、どんな病気でもそうだが、早期発見、早期治療が肝心である。その原則は若ハゲの場合も同じなのだが、どの部位が、いつからハゲはじめたかを判断するのは、なかなかむずかしい。

人間ドックではハゲ診断などもちろんないし、フケやカユミ、脱毛などの症状が警告を発してくれるものの、ついつい見逃してしまいがちだ。

一般的な傾向としては、「抜け毛が目立つようになる」「髪が細く、コシがなくなる」「フケやカユミが急に増える」「頭皮が硬くなる」といった兆候が表れるのだが、あなたが若ハゲか否か、ハゲは進行しているのか否か、発毛・育毛剤を使用すべきかどうか、あるいは思い切って専門の皮膚科の門を叩くべきなのか、その根拠となるものを知りたいはずである。

いちばん分かりやすいのが、「生えぎわの後退度チェック」である。

若ハゲにも各種のパターンがあるが、初期のころはほぼ例外なく、額やこめかみの生えぎわから徐々に後退していく。

といっても、病的なものでない限り、その進行速度は非常にゆっくりしていて、毎日鏡をのぞき込んでいても、慣れもあってなかなかその変化に気づかない。それに心の底では「ハゲたくない」「ハゲるわけがない」といった願望もあるわけで、否応なく自らが若ハゲと自覚するときには、往々にして生えぎわの後退がかなり進んだ状態ということになる。

だからといって、もう手遅れというわけではない。そこから出発すればいいのである。自らのハゲ具合を冷静に認識しない限り、地道で根気のいるハゲ対策など続かないからである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

危険な抜け毛、安心の抜け毛の見分け方

ハゲはじめの兆候として、大量の髪の毛が抜け落ちる。その数は、正常な人の1日に約100本どころではなく、その数倍の単位で「パサッパサッ」という感じて抜けていく。

それはどうしてか?

病的な脱毛は別として、要は、髪の毛の寿命が短くなったのである。2~5年はつづくはずの成長期が短くなり、1~2年、さらには数ヶ月で退行期、休止期に入ってしまい、抜け落ちてしまう。ヘア・サイクルになんらかの異常が生じたのだ。

たとえば、成長期にある髪の20%が早く退行期、休止期に入ると、休止期の髪が全体の30%を占めることになり、それだけで抜け毛はふえる。

それでも抜けた数と同じ数だけ生えてくれば、髪の総数は変わらない。ただし、髪の成長は1日に平均0.33ミリ、1ヶ月で約1センチ伸びるだけだから、短い髪がふえて、全体としての髪のボリュームはへってしまう。

まして抜けたあと、その下から発生するはずの毛が生えてこなければ、その数だけ髪がへってしまう。

とくに、生えぎわや頭頂部といったハゲやすい部位の毛がまとまって短命になり、抜け落ちるというケースが多い。そして日を追うごとに、その部位の薄毛が目立ってくるわけだ。

ハゲの予兆を感じる人は、ためしに頭頂部や生えぎわの薄くなりはじめた部位の髪の根元あたりを指先でつまんで数回引っ張り、抜いてみるといい。

「大事な髪の毛がもったいない。ますますハゲがすすむ」

などと思わないこと。

指先で軽く引っ張った程度で抜ける髪は、しょせん休止期の末期であり、遅かれ早かれ抜け落ちる運命にあるのだから。

抜いた髪を集めて、白い紙の上でじっくり観察してみよう。

あなたの抜け毛の中に、細く短い髪が目立つようなら、要注意、至急、対策を講じる必要がある。

短命に終わった髪は、先端が自然な感じでスーッと細くなっているものだ。

さらに、肉眼ではみにくいかもしれないが、抜け毛の毛根部を調べると、危険な抜け毛の存在がはっきりする。ふつうは正常な抜け毛は、根元がふくれて棍棒状になっているものだが、異常な抜け毛は、先細りのゴボウ状になっている。これは正常なヘア・サイクルである退行期~休止期を経ずに、成長期の段階で病的に抜け落ちたからである。

いずれにせよ、抜け毛の数もさることながら、その質を厳密にチェックすることが重要である。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

こんなタイプの人がハゲやすい

実際にどんなタイプの人が若ハゲになりやすいのだろうか?

遺伝的な可能性の大きさをランクづけできるし、頭の形をチェックすることで、若ハゲになりやすいかどうかもある程度推察できる。

結論からいうと、両親、祖父母といった親族に若ハゲの人が一人でもいれば、あなたはハゲ家系に連なっており、程度の差はあれ若ハゲの可能性をもっている。

頭の形では、頭が大きく左右に突き出している人がもっとも若ハゲになりやすい。

さらにいえば、食生活が不規則でストレスを過多に感じる生活をしている人もなりやすいといえるだろう。

それでは、どのように毛は抜けるのか、黒く硬くて多い毛がどうして軟らかく薄くなってしまうのか。

その説明をすることにしよう。

髪の毛は、それぞれにヘア・サイクルがあります。人の場合、10万から15万本の髪の毛があり、それらがすべて、生まれ伸びては抜け落ち、抜けたあと再生するということをくり返している。髪の毛の寿命は、男で2~5年、女で4~7年といわれている。健康であれば、5~7年が多い。

そのあいだ毛はたえず伸びつづけているわけではなく、一定期間(2~7年)成長すると(成長期)毛根部の細胞分裂がストップする。つまり、成長が停止し、毛は棍棒状(棍毛)となり、同時に毛根は、徐々に皮膚の表面に押し上げられ、約2~3週間の中間期(退行期)を経て、休止期(2~3ヶ月)に入り、やがて抜け落ちる。

ここで、髪の毛はいったん生産をやめ、休息する。

そして、4~6ヶ月後、また新しい成長期の毛(うぶ毛の段階の早期成長期毛)が、再生してくる。この一連の周期をくり返す現象を「毛周期」(ヘア・サイクル)と呼んでいる。

休止期に入った髪の毛は、まるで枯れ木のように、あやうい感じで頭皮にとどまっているが、やがて前成長期毛に押し出され、外からの引力で抜け落ちる。

成長期毛は、ふつう70~80グラムまでの引力に耐える、なかなか強靭な存在で、洗髪やブラッシング程度で抜けることは、まずあり得ない。休止期に入り、毛根部が元の3分の2以下まで短くなると、軽く引っ張っただけで、スッと抜けてしまう。こうして健康な人の頭髪でも、1日に100本ぐらいはその寿命を終えて、抜けているのである。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 激安プロペシア --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-