忍者ブログ

激安プロペシア

AGA男性型脱毛症治療薬「プロペシア」の純正薬やジェネリックの激安個人輸入代行通販



一度ハゲたらもう元には戻らない?

ハゲは治らない、元にはもどらないものなのだろうか。これは“ハゲる”ということをどうみるかによって答えも違ってこよう。

多くの髪の毛が抜けてハゲになり、それはもう戻らないと考えているなら、それは発毛のメカニズムを知らない人である。髪の毛はその1本1本が生えては抜け落ち、また再び生えてくる、ということをくり返しているからである。これを毛周期(ヘアサイクル)という。ここで簡単に発毛のメカニズムをみてみよう。

毛髪は、皮膚の表面から皮膚内部にめくれこんだように埋まっている「毛包」と呼ばれる、管状になった器官の下端に近いふくらみ(毛球)でつくられている。つまり、ここが“毛髪の芽生えるべき場所”であり、細胞分裂によって毛をつくり、送りだす工場の役割を果たしている。

この毛髪の製造工場の数は、お母さんのお腹の中にいる胎児のうちに決まってしまう。一般に人の頭髪本数はおよそ10万から15万本といわれるが、より正確にいえば、それだけ毛包の数があるということ。

その数は生まれつき決まっていて、その毛髪の1本1本が成長するにつれて太くなり伸びてはいくが、毛包の数が増えるわけではない。成長しても数だけは変わらないのだ。

つまり、「ハゲとは毛髪の数が減ること」とでも定義すると、最近では10代後半から本数が減りはじめる若者も多いから、ほとんどの人が若ハゲになってしまう。

ところで、髪の毛は毛包からみんないっせいに生えるというわけではない。髪の毛が生え、いま現在成長している活動中のもの(成長期)は全体の約90%、残りの10%の毛包はきたるべき発毛にそなえて休んでいる(休止期)といわれている。

この人のおける活動毛包と休止毛包の存在は、イヌやネコの毛の成長具合と比べてみるとおもしろい。

ご承知のように、イヌやネコには「毛の生え替わり」の時期があって、初夏前には冬毛から夏毛に、初冬前には逆に夏毛から冬毛に交代する。それまで伸びていた毛が、はぼいっせいに抜けて、新しい毛がこれもほぼいっせいに生えだす。ある一時期にハゲ上がり、また再生するというわけだ。

つまり、隣り合う毛同士で同じような毛周期(成長⇒退行⇒休止⇒脱毛)がとられている。

ところが人間の毛髪の場合には、そのような現象はない。それぞれの毛髪の毛周期(ヘアサイクル)が同調していないのだ。1本1本の毛にはそれぞれ2~7年の寿命があり、いつ成長をはじめていつ抜けるのか、それぞれが勝手に決めているために、イヌやネコのように、ある時期いっせいに生え替わるということはみられない。

つまり、いつもどかの毛包からは毛が生えていて、どこかの毛包は休んでいるというのがふつうの状態である。一般に約90%の毛穴から発毛しているという。10万個の毛包を持っている人であれば、9万本の毛が生えているわけです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 激安プロペシア --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-